2015.02.20

久保先発のヤングボーイズ、ホームで先制もルカクにハット許し完敗

久保裕也
3得点を挙げたルカク(右)と競り合う久保(左) [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、FW久保裕也が所属するヤングボーイズとエヴァートンが対戦した。久保は先発出場を果たしている。

  グループIを2位で通過したヤングボーイズは、ホームにグループHを首位で突破したエヴァートンを迎えた。

 まず最初に試合を動かしたのは、ホームのヤングボーイズ。10分、左サイドのラファエル・ヌッツォロからグラウンダーのパスを受けたギョーム・オアロが狙いすましたミドルシュート。緩やかなカーブを描いたシュートが、ティム・ハワードの守るゴール右上隅に決まり、ヤングボーイズが先制に成功する。

 一方、先制を許したエヴァートンも反撃に出る。24分、ギャレス・バリーが左サイドからクロスボールを供給すると、中央のロメル・ルカクが相手DFと競り合いながらヘディングシュート。これがゴール左隅に決まり、エヴァートンが同点に追いついた。

 すると勢いに乗ったエヴァートンがさらに攻め込む。28分、左サイドのパス交換からペナルティエリアに侵入したスティーヴン・ネイスミスが、角度のない位置から速いボールを折り返す。ヤングボーイズGKイヴォン・ムヴォゴの股下を抜けたボールを、ファーサイドのシェイマス・コールマンがダイレクトで合わせて、あっという間に逆転する。

 さらに39分、エヴァートンはまたしても左サイドから攻めこむと、ブライアン・オビエドのヒールパスを受けたバリーが左足でクロス。これが相手DFに当たってコースが変わると、ファーサイドのルカクが難なく押し込み、エヴァートンが追加点を手にした。

 苦しい展開になったヤングボーイズは44分、セットプレー後の混戦から最後はセクー・サノゴがシュートを放ったが、ハワードが右足に当てたボールは左ポストを叩き、得点には至らない。このままエヴァートンが2点をリードして前半を折り返す。

 得点が欲しいヤングボーイズは、後半開始早々にチャンスを作る。48分、ペナルティエリア左からレナト・シュテフェンがループ気味のシュートを放ったが、ハワードがなんとか弾き、得点を許さない。

 ピンチをしのいだエヴァートンが試合を決定づける。59分、カウンターから抜けだしたルカクがキーパーとの一対一を制し、ハットトリックを達成。

 ホームで点差を詰めたいヤングボーイズに、絶好のチャンスが訪れる。62分、オアロがペナルティエリア左に侵入すると、ジョン・ストーンズがたまらずファウル。ヤングボーイズにペナルティキックが与えられる。このプレーでストーンズは一発退場を命じられた。キッカーはPKを獲得したオアロ。しかしシュートはゴール左上に外れ、大きな決定機を生かせなかった。

 10人となったエヴァートンだが、85分には再びルカクが大きなチャンスを掴む。しかし、ムヴォゴが懸命の守りでゴールを割らせず、最後の時間に望みをつないだ。

 結局このままスコアが動くことはなく、エヴァートンが4-1でヤングボーイズを下した。なお、久保はフル出場を果たしている。

 なお、セカンドレグは26日にエヴァートンのホームで行われる。

【スコア】
ヤングボーイズ 1-4 エヴァートン

【得点者】
1-0 10分 ギョーム・オアロ(ヤングボーイズ)
1-1 24分 ロメル・ルカク(エヴァートン)
1-2 28分 シェイマス・コールマン(エヴァートン)
1-3 39分 ロメル・ルカク(エヴァートン)
1-4 59分 ロメル・ルカク(エヴァートン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る