2014.12.10

ラウールがNYコスモスで入団会見「アメリカ行きをいつも夢見ていた」

ラウール
NYコスモスの入団会見を行ったラウール(右) [写真]=New York Cosmos/Getty Images

 NASL(北米サッカーリーグ)のニューヨーク・コスモスは9日、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスの入団会見を行った。

 10月30日に2015年からの複数年契約を締結。また、引退後に同クラブ下部組織のテクニカルアドバイザーに就任することが決まったと発表されていたラウールは、「クラブの偉大な歴史を積み重ね、そこに貢献したい」と意気込みを語り、「多くの試合でチームが勝利するためにフィールド上で貢献したいし、僕の経験を若い選手に伝えたい。また、ユースの成長を促していくことにもなる」と、チームへの多くの貢献を誓った。

 4月に開幕するNASLはアメリカの実質2部リーグとなっている。ラウールは「アメリカに行くことをいつも夢見ていたんだ。ニューヨークより良い街はないし、ニューヨーク・コスモスより良いチームもない。なぜなら、クラブには偉大な歴史があるからだ。ペレや(フランツ)ベッケンバウアー、(ジョルジョ)キナーリャといった多くの選手たちがクラブを偉大にした。今、新たな時代が訪れている。クラブの尽力を助けていきたい」と加入した理由についても触れている。

 1994年にレアル・マドリードでデビューしたラウールは、リーガ・エスパニョーラで550試合に出場し228ゴールを記録。2010年に日本代表DF内田篤人の所属するシャルケに移籍し、ブンデスリーガでは66試合に出場し28ゴールを挙げていた。チャンピオンズリーグ(CL)では、通算142試合に出場し71ゴールを獲得。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが11月に記録更新するまでCLの通算最多得点数の記録を保持していた。その後は2012年にカタールのアル・サッドに加入し2014年7月に退団している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る