2014.10.13

フランス代表のヴァラン「C・ロナウドを上手く抑えられた」

クリスティアーノ・ロナウド
親善試合で対戦したフランス代表のヴァラン(左)とポルトガル代表のC・ロナウド(右)[写真]=Getty Images

 週末に世界各地で行われた代表戦、レアル・マドリードの選手による対決に注目が集まった現地11日の国際親善試合は、ホームのフランス代表が2-1でポルトガル代表を下した。

 フランス代表ではFWカリム・ベンゼマとDFラファエル・ヴァラン、ポルトガル代表ではFWクリスティアーノ・ロナウドとDFペペが揃ってスタメンに名を連ねた一戦。フランス代表は、ベンゼマが開始3分の先制点と69分のMFポール・ポグバの追加点のアシストを挙げると、ポルトガル代表の反撃をPKによる1点に抑えた。

 試合後、この一戦を中継したフランスのテレビ局『TF1』とのインタビューに応じたヴァランは、強敵撃破を素直に喜んだ。

「ポルトガル代表との対戦は、たとえフレンドリーマッチであっても本当に激しい試合になる。彼らを倒すのが簡単なことなど一切ない。今日の試合を含め、僕達は良い結果を残すことができている」

 ヴァランはまた、チームとしてC・ロナウド対策ができたことに充実感を表した。

「僕達はクリスティアーノを上手く抑えられた。彼が素晴らしい選手であることはもちろん分かっていたが、チームとして上手く対応することができた。彼にゴールを許さなかったことは、僕達にとって良い材料だね」

 一方、チームの全ゴールに絡む活躍を見せたベンゼマだが、C・ロナウドとのストライカー対決に勝利したとの見方をきっぱりと否定し、あくまでもチームで挙げた白星であることを強調した。

「この試合は、クリスティアーノ対ベンゼマの戦いではなく、ポルトガル対フランスの戦いだった。実際、僕は彼だけを相手にプレーした訳ではないし、2人でマッチアップする機会もなかったしね。僕達はチーム同士の戦いとしてポルトガルに勝利した。それが全てだよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る