2014.10.11

スイス1部のシオンが高級チーズとワインで凶暴ファンを鎮圧へ

シオンの本拠地トゥールビヨン [写真]=Getty Images

 スイス1部リーグのシオンが、アウェーの凶暴なファンを鎮圧するため、本拠地トゥールビヨンで行われる試合に無料招待するほか、チーズとワインで鎮圧を図っていることが明らかとなった。10日のイギリス紙『デイリーメール』などが報じた。

 シオンは今シーズンの第2節、7月26日に行われたホーム初戦のザンクト・ガレン戦を前に、アウェーファンにヴァレー地方の特産品であるピクルス添えの焼きチーズとワインを無料提供するというプレスリリースを発表。

「ヴァレー地方は許容力と親切さにおいて定評がある。我々はそのイメージを重んじ、フェアプレーに結び付けたい。これは就任以来10年間で28人の監督を解任させたことで悪名高く知られているオーナーのクリスティアン・コンスタンティン会長のアイディアである」と続けた。さらに建設会社社長の同オーナーは文末で「上手くいかなければ、私は冬休み後にアウェー席を閉鎖する」と威嚇した。

 シオンはホームですでに5試合を行っているが、サービスの成果が出ているとは言い難い。

 5日に行われたリーグ第11節のルツェルン戦(3-1でシオンが勝利)では、アウェーファン約600人にヴァレー地方の特産品であるピクルス添えの焼きチーズと白ワインを無料で提供したが、チーズに火を付けたり、ピッチに投げ入れるファンが続出。一方、前述のホーム初戦で同様の事件が起こったほか、8月14日に行われた日本代表FW柿谷曜一朗が所属するバーゼル戦(3-2でバーゼルの勝利)では、約1000人のアウェーファンがスタジアムへの無賃入場を拒み、ほとんどがチケット代をスタッフに支払い、オーナーに向けて「術中にはハマらない」というメッセージを発した。

 なお、第11節を終えて柿谷のバーゼルは10チーム中2位、FW久保裕也のヤングボーイズは4位につけており、18日の次節では直接対決が行われる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング