2014.10.04

現役引退のカラグニス氏、ギリシャ代表のディレクターに就任

カラグニス
ブラジルW杯に出場した際のカラグニス氏 [写真]=FIFA via Getty Images

 元ギリシャ代表MFのゲオルギオス・カラグニス氏が、同国代表のフットボールディレクターに就任した。『UEFA.com』が伝えている。

 ブラジル・ワールドカップ後に代表引退を表明したカラグニス氏は、ギリシャ代表として最多となる139試合に出場。ユーロ2004制覇を成し遂げるなど、長年にわたって代表チームの柱として活躍していた。

 同氏は「フットボールから正式に引退する」とコメント。さらに「現役を引退するつもりはなく、一人でトレーニングを続けて最後の移籍を考えていた。だが、(ギリシャサッカー協会の)会長と話をして、(ギリシャ代表の)ラニエリ監督と会い、元チームメートと連絡をとって決断した。監督と選手の間に立つことになる。指揮官が代わり、一部の重要な選手がいなくなったチームを手助けする」と、現役引退からフットボールディレクター就任までの経緯を明かし、新たな立場でギリシャ代表のために尽力することを誓っていた。

 ギリシャ代表はユーロ2016予選を控えており、11日にフィンランド代表と、14日に北アイルランド代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る