2014.08.27

ベンフィカのポルトガル代表DFアモリム、じん帯断裂で長期離脱へ

アモリム
前十字じん帯を負傷したベンフィカDFアモリム(右) [写真]=Getty Images

 ベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・アモリムが、右ひざ前十字じん帯の断裂で長期の戦線離脱を余儀なくされるようだ。クラブの公式HPが伝えている。

 アモリムは、24日に行われたポルトガル・スーパーリーグ第2節のボアヴィスタ戦で先発出場するも、試合途中に右ひざを痛めて負傷交代した。試合後に行われた精密検査の結果、右ひざ前十字じん帯を断裂していることが判明。同選手は、近日中にアントニオ・マルチンス医師の執刀の下、手術を受ける予定となっている。

 アモリムは1985年生まれの29歳。2008年からベンフィカでプレーしている。ブラジル・ワールドカップにもポルトガル代表の一員として参加し、1試合に出場した。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る