2014.08.16

昇格クラブ相手に5失点…川島フル出場のスタンダールが2連敗

 ベルギーリーグ第4節が15日に行われ、ロイヤル・ムスクロン・ペルウェルツと日本代表GK川島永嗣、FW小野裕二所属のスタンダール・リエージュが対戦。川島は先発出場、小野はベンチ外だった。

 前節、今シーズンのリーグ戦初黒星を喫したスタンダールは、13分に先制する。後方からのフィードに反応したイゴール・デ・カマルゴが、ペナルティーエリア左外から思いきって左足を振り抜いた。バウンドにうまく合わせたボレーシュートが、ゴール右隅に吸い込まれた。

 芸術的な得点で先制したスタンダールだが、19分に失点。ムスクロン・ペルウェルツが左サイドを突破し、最後は折り返しにアブドゥライ・ディアビーが合わせてゴールネットを揺らした。さらに23分には、アニス・バドリがペナルティーエリア手前からミドルシュート。グラウンダーのボールがゴール左隅に決まり、ムスクロン・ペルウェルツが逆転した。33分にもディアビーが得点を挙げ、スコアは1-3となった。

 先制しながらも2点ビハインドを負ったスタンダールは、43分にトニー・ワットが2点目を挙げる。ペナルティーエリア手前でこぼれ球に反応すると、右足ボレーシュート。ボールは相手GKの頭上を越え、鮮やかにゴールネットを揺らした。前半は2-3で終了した。

 1点差に迫って後半を迎え、スタンダールは同点弾を狙う。しかし、次の1点はムスクロン・ペルウェルツが記録した。66分、右CKからベンジャミン・ドゥラクールが打点の高いヘディングシュートを突き刺し、リードを2点に広げた。終了間際にも、ディアビーがハットトリックとなるゴールを決めた。

 試合は2-5で終了。川島はフル出場を果たしたものの、5失点を喫した。今シーズン、1部に昇格したムスクロン・ペルウェルツを相手に、スタンダールが大敗。2連敗となった。

【スコア】
ロイヤル・ムスクロン・ペルウェルツ 5-2 スタンダール・リエージュ

【得点者】
0-1 13分 デ・カマルゴ(スタンダール)
1-1 19分 ディアビー(ムスクロン・ペルウェルツ)
2-1 23分 バドリ(ムスクロン・ペルウェルツ)
3-1 33分 ディアビー(ムスクロン・ペルウェルツ)
3-2 43分 ワット(スタンダール)
4-2 66分 ドゥラクール(ムスクロン・ペルウェルツ)
5-2 86分 ディアビー(ムスクロン・ペルウェルツ)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る