FOLLOW US

柿谷曜一朗、初先発でフル出場…バーゼルは完封負け、今季初黒星

移籍後初のフル出場を果たした柿谷曜一朗 [写真]=原田亮太

 スイス・スーパーリーグ第5節が14日に行われ、日本代表FW柿谷曜一朗のバーゼルとザンクトガレン対戦。柿谷はリーグ戦初の先発出場を果たした。

 前節のチューリッヒ戦で途中出場し、1ゴール1アシストを記録した柿谷は開始6分、敵陣でのパスカットから展開したショートカウンターでパスを受けたが、ペナルティーエリア内でバランスを崩し、ボールを奪われた。9分には左サイドからの浮き球のパスに反応したものの、トラップが流れてシュートには持ち込めなかった。さらに31分には、後方からのスルーパスに対して走り込んだが、ボールが長すぎて合わなかった。

 均衡を破ったのはザンクトガレンだった。40分、右サイドから攻め込み、ペナルティーエリア内へ進入すると、相手のクリアが中途半端になったところを拾い、最後はアルベルト・ブニャクがゴールを決めた。さらに44分には、右サイドからのグラウンダーのクロスにブニャクが右足で合わせ、追加点。ザンクトガレンが2点をリードして前半を終えた。

 2点ビハインドの後半、バーゼルは反撃を試みるが、得点を奪うことができない。72分には、鮮やかなパス交換からペナルティーエリア内へ入り、右側からの折り返しに柿谷が反応。トラップから反転して左足シュートを放ったが、相手GKに阻まれた。75分にはルーズボールの奪い合いから、最終ラインの背後へ出たスルーパスを受けて相手GKと1対1の場面を迎えたが、オフサイドだった。

 試合は0-2のまま終了。柿谷は移籍後初の先発フル出場を果たしたが、得点には絡めなかった。バーゼルは今シーズンのリーグ戦初黒星で、勝ち点を伸ばせなかった。

【スコア】
バーゼル 0-2 ザンクトガレン

【得点者】
0-1 41分 ブニャク(ザンクトガレン)
0-2 44分 ブニャク(ザンクトガレン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO