FOLLOW US

広州恒大のリッピ監督、ACL連覇へ抱負「準備は整っている」

リッピ監督がACL連覇への意気込みを語った [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 中国・広州恒大のマルチェロ・リッピ監督が、AFCチャンピオンズリーグ連覇へ向けて意気込みを語った。AFC(アジアサッカー協会)の公式サイトが30日に伝えている。

 王者として今大会に臨んでいる広州恒大は、グループリーグ首位通過を決めると、決勝トーナメント1回戦ではセレッソ大阪を相手に2戦合計5-2で勝利。リッピ監督はACLという大会の難しさを語りつつ、準々決勝のウェスタン・シドニー戦に向けてしっかりと準備に取り組んでいると主張した。

「今大会の序盤は、負傷者などが出たことが敗戦に繋がってしまった。しかし、最も重要なのは、チームが準々決勝に進出したということだ。ACLは毎試合が特別で個性的なものだ。毎回、対戦相手が異なる。だから、(グループリーグで)メルボルン・ビクトリーに敗れたことはそう驚くことではない」

「我々は現在も対戦相手に関するスカウティングを続けている。ウェスタン・シドニーに新たな選手が加わったことも当然知っている。そして、相手チームの新加入選手をしっかりと分析するための時間は十分にある。すでに準備は整っているのだ」

 またリッピ監督は、2013年度のAFC年間最優秀外国人選手賞に輝いたブラジル人FWムリキがカタールのアル・サッドに移籍したことについても触れている。

「我々はそういった状況を経験した。すでに覚悟はできている。昨年のチームから何人か選手の入れ替えがあったが、私はチームの力を信じている。できるなら今年も決勝に進出したいと考えている」

 広州恒大は、準々決勝でウェスタン・シドニーと対戦する。8月20日に第1戦、同27日に第2戦を迎える予定だ。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA