2014.07.23

セレソンの復活はドゥンガの手に! 新監督の船出は因縁の対コロンビア親善試合。ネイマールとスニガの対決は見られるか!?

ドゥンガ
7月22日、リオデジャネイロ。CBFでブラジル代表就任の発表記者会見に臨むドゥンガ新監督 [写真]=Getty Images

 目を疑うような惨劇となったドイツ戦の大敗の責任を取り、フェリポンはすでにセレソンを去った。この危機的状況を救うべくブラジルサッカー協会(CBF)が白羽の矢を立てたのは?

 フェリポン退任を受けブラジルメディアは、一斉に次期監督候補の予想をスタート。なかでも有力だったのが、元コリンチャンス監督のチッチと、現在サンパウロを率いるムリシ・ハマーリョ。ともに実績は十分であり、つねに名前が上がっている人物だ。

 ところが、17日に元セレッソ大阪のGKジウマールのコーディネーター就任が発表された途端、あるひとりの男の名前がにわかに浮上した。

 それがドゥンガであったのだ。

 ジウマールとドゥンガといえばすぐに思い浮かぶのが、ともに1994年アメリカ大会の優勝メンバーであるということ。当時ドゥンガは主将を務め、ジウマールは控えGKであった。

 しかしあまり知られていないが、ふたりの友情は実に30年以上の長きに渡るのである。

 最初の出逢いは、1983年のインテルナシオナウ。さらにクラブでの繋がりだけでなく、1984年のロサンゼルス五輪にも彼らは招集されている。この時ジウマールは25才。ドゥンガは21才であった。この頃の様子を当時の監督であったジャイール・ピセルニ氏は、どこに行くのも一緒でとにかく仲が良かったと回想している。

 ドゥンガにとって、これが代表監督として2度目のキャリアとなる。

 ここに至るまで彼は85名の選手を代表に招集している。そのうち今回のブラジル大会にも出場しているのは、ジュリオ・セーザル、ヴィクトール、マイコン、エンヒーキ、ダニエウ・アウヴェス、マルセーロ、チアゴ・シウバ、ハミーレス、エルナネス、ジョー、フレッヂの11名だ。

 4年間の在任中に獲得したタイトルは、2007年のコパ・アメリカ(ベネズエラ)と、2009年のコンフェデレーションカップ(南アフリカ)の2大会のみ。前回の退陣のきっかけとなったのが、2010年南アフリカ大会でのオランダ戦における敗退。例のフェリピ・メロの踏みつけ事件があった試合だ。

 あまりに南アフリカでの記憶が鮮明なのだが、あらためて調べてみると、試合成績は決して悪くない。勝敗に関しては、60試合で42勝12分6敗と強豪国としての面目は保っていたのだ。

 主なメンバーを見ても、カカー、ホナウジーニョ、ホビーニョ、ヂエゴなどのビッグネームだけでなく、国内外で頭角を現した若手もきっちりテストしている。

 ドゥンガのセレソンといえば、話題となったのがアメリカ大会をともに戦ったジョルジーニョが片腕だったことだが、アシスタントコーチとしての手腕が発揮されることはなかった。

 現代のサッカーにおいては、補佐役となる人物の選考も、チームの未来を占ううえで重要な要素となる。今回ドゥンガを支えるのは、昨年のインテルナシオナルで一緒だったセボーラこと、アントニオ・ロペス氏。彼は数々のユースチームを率いた経験があるので、有望な若手のセレソン入りが期待される。

 さて、文字通り「前途多難」なセレソンの船出となるのは、9月に予定されているふたつの親善試合。ともにアメリカ合衆国で開催され、5日のコロンビア戦(マイアミ)、9日のエクアドル戦(ニュージャージー)で新たなチームが披露される。

 コロンビア戦ははやくも因縁のリベンジマッチとなるが、果たしてネイマールとスニガの対決は実現するのか? 実は前回の在任中、ドゥンガはネイマールを一度も代表に招集せず、南アフリカ大会のメンバーにも名前はなかった。

 このことについて、「何も批判されることなどないよ。ネイマールは前年の12月はサントスの控えで、ようやく1月にレギュラーとなったばかり。代表メンバー発表前の親善試合は3月のアイルランド戦が最後。まだまだ代表でプレーする準備がされていなかっただけ」と、ドゥンガは時期尚早を理由にあげている。

 ブラジルが本来の姿を取り戻すために当面の目標とするのは、来年、2015年にチリで開催される「コパ・アメリカ」。

 この大会についてドゥンガは、「サポーターに輝ける未来を約束することなどできないよ。コパ・アメリカにはたくさんの困難が待ち受けてるはず。我々のライバルは、ワールドカップの予選を経験してから、ますます力をつけているからね」と警戒心を強めている。

 日本でも鬼軍曹と知られているドゥンガだが、メディアとの関係はいままで決して良好とはいえなかった。これは本人も認めているところであり、国民の信頼を取り戻すためには、一刻も早く取材陣を味方につけることも必要になるかもしれない。

(記事/MEGA BRASIL、文/MENGO DO JAPAO(平野信生))

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る