FOLLOW US

W杯で大活躍のJ・ロドリゲスが母国凱旋「みんなの思いとともに戦った」

コロンビア代表の攻撃陣をけん引したJ・ロドリゲス [写真]=Getty Images

 母国コロンビアの首都ボゴタで行われた代表の祝賀会にハメス・ロドリゲスが出席し、様々な理由でブラジル・ワールドカップに出場できなかった選手たちについて語った。コロンビアの全国紙『El Tiempo』が伝えている。

 準々決勝でブラジル代表に敗れたものの、大車輪の活躍で世界中から喝采を浴びたコロンビア代表の10番は、自身への称賛には触れず、ワールドカップに参加できなかったラダメル・ファルカオの名前を挙げて、同選手の悔しさを代弁した。

「今回我々がブラジル大会に出場できたのは、ファルカオのおかげと言っても過言ではない。南米予選では彼がゴールを量産して代表チームを引っ張ってくれたからね。だから彼が1月に大けがをした時はとても悲しかったよ。僕は彼がワールドカップに間に合うことを信じていたから、欠場が決まった時はショックだった」

 ハメス・ロドリゲスの思いやりは、ファルカオだけにとどまらない。

「他にもマクネリ・トーレスやエルキン・ソトなど、直前で代表から漏れたみんなも絶対に悔しかったはずだ。だから23人に選ばれた僕らは、落選したみんなの思いとともに戦った」

 最後にハメス・ロドリゲスは、「たくさんのサポーターがスタジアムを黄色で染めてくれて心強かった。ホームのような雰囲気を作ってくれたサポーターにも深く感謝している」と述べて締めくくっている。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO