FOLLOW US

アメリカ、ガーナにW杯3度目の正直…終盤の劇的展開で勝利

決勝点を決めたブルックス(右) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が16日に行われ、グループGではガーナ代表とアメリカ代表が対戦した。

 ガーナはFWアサモア・ギャンやMFサリー・ムンタリらがスタメン。FWケヴィン・プリンス・ボアテングやMFマイケル・エッシェンは外れた。アメリカはFWクリント・デンプシーやFWジョジー・アルティドール、MFマイケル・ブラッドリーらが先発に名を連ねた。

 試合はいきなり動く。開始30秒、アメリカは左サイドでのスローインから、ジャーメイン・ジョーンズのパスを受けたデンプシーがドリブルでペナルティエリア内に侵入。DFをかわすと、ゴール右へそのままシュートを決め、先制に成功する。

 早々にビハインドを負ったガーナは、積極的に裏を狙い、サイド攻撃を中心に展開していく。一方のアメリカは縦に速い攻撃から、チャンスをうかがうと、18分には右サイドからのクロスを、中央のアルティドールがシュートするが、相手DFのブロックに遭った。

 そのアルティドールは23分、ロングボールを追いかけた際に左太ももを負傷。アロン・ヨーハンソンと交代となってしまう。32分、ガーナはギャンがミドルシュートを放ったが、枠内へ飛んだボールはGKティム・ハワードが防ぐ。

 ガーナがボールを支配し、アメリカがカウンターで狙う展開が多くなる中、アメリカの1点リードで前半を終える。

 ハーフタイム、アメリカはマット・ベスラーに代わり、ジョン・アンソニー・ブルックスがピッチに立つ。55分、ガーナはムンタリがゴール正面から左足の強烈なミドルシュートを打つが、ゴール左にそれる。直後には左に流れたムンタリのアーリークロスにギャンが中央で合わせたが、ヘディングシュートはクロスバーを越えた。59分にも右サイドからのクロスを再びギャンが合わせたが、今度はGKハワードに弾かれた。

 ガーナはジョルダン・アイェウに代え、ケヴィン・プリンス・ボアテングを投入。63分にはボアテングの右クロスをギャンがエリア内ゴール正面でシュートするも、DFのブロックに遭った。

 押し込むガーナはモハメド・ラビウと交代で、マイケル・エッシェンが71分から出場する。77分にはアメリカがアレハンドロ・ベドヤに代えてグラハム・ズシ、ガーナはクリスティアン・アツに代えて、アルバート・アドマーがピッチへ。両チームとも交代枠を使い切る。

 迎えた82分、ガーナは左サイドのクワドゥー・アサモアからエリア内左にスルーパスが出ると、ギャンがヒールパスで落とす。そこに走りこんだアンドレ・アイェウが、ワントラップから左足で蹴り込み、同点に追いつく。

 後半劣勢が続いていたアメリカだったが、86分に右CKを得ると、ブルックスがヘディングシュートを叩き込み、勝ち越しに成功する。劇的な展開となった試合は、そのまま終了し、アメリカが2-1で勝利した。過去ワールドカップ2大会連続でガーナに敗れていたアメリカが3度目の対戦で初白星を手にした。

 グループG第2節では、ガーナが21日にドイツと、アメリカが22日にポルトガルと対戦する。

【スコア】
ガーナ 1-2 アメリカ

【得点者】
0-1 1分 デンプシー(アメリカ)
1-1 82分 A・アイェウ(ガーナ)
1-2 86分 ブルックス(アメリカ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO