FOLLOW US

“死の組”D組、ウルグアイがカバーニのPKで先制して前半終了

カバーニ(右)のPKでウルグアイが先制 [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループDではウルグアイ代表とコスタリカ代表が対戦した。

 優勝経験国3カ国が入り、“死の組”とも称されるグループD。ウルグアイはセレッソ大阪所属のFWディエゴ・フォルランやエディンソン・カバーニらがスタメンとなり、5月にひざを手術したルイス・スアレスはベンチスタートとなった。一方のコスタリカは大会直前の親善試合で日本と対戦した際にも出場したブライアン・ルイスやジョエル・キャンベルが先発に名を連ねた。

 試合は15分、セットプレーの流れからウルグアイのクリスティアン・ロドリゲスが左サイドでクロス。カバーニがコースを変え、ディエゴ・ゴディンが押し込んだがオフサイドでノーゴール。直後にはフォルランがFKをゴール前に送ると、相手DFのクリアミスで浮いたボールをカバーニがダイレクトで狙うが、力んだか大きく枠を外してしまう。

 徐々にペースを掴んだウルグアイは24分、左サイドでFKを得るとフォルランがゴール前に送ったボールを合わせようとしたディエゴ・ルガーノがエリア内で倒されPKを獲得。カバーニがこれを決めてウルグアイが先制する。

 コスタリカは27分、キャンベルがミドルシュートで狙うが、ゴールをわずかに捉えられず。31分にもセットプレーから最後はジャンカルロ・ゴンサレスが押し込んだが、ゴール左へ外れた。43分には左CKがゴール前を抜けるが、ファーサイドのゴンサレスはわずかに合わせられず。

 44分、ウルグアイはゴール左45度からフォルランがシュート。これがDFに当たり、浮き球になってゴールへ向かったボールはコスタリカGKケイラー・ナバスが下がりながら弾き出す好セーブを見せた。前半はウルグアイの1点リードで終える。

【スコア】
ウルグアイ 1-0 コスタリカ

【得点者】
1-0 24分 カバーニ(PK)(ウルグアイ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO