FOLLOW US

W杯出場のカメルーン、南米予選敗退のパラグアイに敗れる

 国際親善試合が29日にオーストリアで行われ、カメルーン代表とパラグアイ代表が対戦した。

 ブラジル・ワールドカップでグループAに属するカメルーンは、モハマドゥ・イドリスやジョエル・マティプらが先発出場した。

 先制したのはパラグアイだった。開始早々の4分、右サイドからのクロスがファーサイドに流れると、ペナルティーエリア内でフリーのオスカル・ロメロがシュートを決めた。前半はパラグアイの1点リードで終了した。

 後半に入って68分、パラグアイが追加点を奪う。左サイドからのグラウンダーのクロスをロケ・サンタ・クルスが押し込んだ。

 2点ビハインドを負ったカメルーンは75分、左CKから中央にこぼれたボールを、エリック・マキシム・シュポ・モティングが左足で合わせてゴールネットを揺らした。だが、反撃は1点止まりだった。

 試合は1-2で終了。カメルーンはパラグアイに競り負けた。カメルーンはブラジル・ワールドカップでグループAに所属。6月13日にメキシコ代表と初戦を行い、18日にクロアチア代表、23日には開催国のブラジル代表と対戦する。

【スコア】
カメルーン代表 1-2 パラグアイ代表

【得点者】
0-1 4分 オスカル・ロメロ(パラグアイ)
0-2 68分 サンタ・クルス(パラグアイ)
1-2 75分 エリック・マキシム・シュポ・モティング(カメルーン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO