FOLLOW US

川島フル出場のスタンダール、逆転負けでプレーオフ2位に後退

 ベルギーリーグのプレーオフ1の第6節が27日に行われ、アンデルレヒトと日本代表GK川島永嗣、FW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュが対戦。川島は先発出場、小野は負傷のため欠場した。

 スタンダール・リエージュはアウェー戦となったが、28分にリードを得る。ポール・ジョゼ・ムポクのCKが相手のオウンゴールを誘い、先制点を手にした。

 ところが、1点リードで後半を迎えたが、52分にアンデルレヒトのチャンセル・ムベンバに得点されて、同点に追いつかれた。試合を振り出しに戻されると、78分にもアレクサンダル・ミトロヴィッチにゴールを割られ、逆転を許してしまった。

 試合をひっくり返されたスタンダール・リエージュは、2点目を奪えずに、1-2と敗戦。プレーオフ初戦の勝利後、5試合勝利なしとなった。

 プレーオフ1は、リーグ戦での勝ち点の半分を持ち越し、上位6チームで争う形式。リーグ戦全30節を勝ち点67で終えたスタンダール・リエージュは、勝ち点34からスタートした。プレーオフ6試合を終えて勝ち点40となったことで、同42のクラブ・ブルージュに首位を明け渡し、2位に後退した。

【スコア】
アンデルレヒト 2-1 スタンダール・リエージュ

【得点者】
28分 オウンゴール(ムベンバ、アンデルレヒト)
52分 ムベンバ(アンデルレヒト)
78分 ミトロヴィッチ(アンデルレヒト)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA