FOLLOW US

スナイデルが試合内容に言及「前半と後半の違いは受け入れがたい」

マンチーニ監督から指示を受けるスナイデル(左) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが26日に行われ、ガラタサライとチェルシーが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 ガラタサライのオランダ代表MFウェズレイ・スナイデルが試合を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 スナイデルは、「(引き分けとは)違う結果を携えて、(セカンドレグの)ロンドンに向かうことができれば良かった。でも、ファーストレグを0-1を落とすよりは、1-1のドローでセカンドレグを迎えるほうが良い」と、コメント。「前半と後半の(ガラタサライのパフォーマンスの)違いは、受け入れがたいね。僕たちが相手チームをリスペクトしすぎたということはないだろうけど、先制を許した後になってようやく、主導権を握り始めたのは事実だ」と、試合内容を振り返った。

 そして、「確かにガラタサライには、このレベルでの経験に欠けている選手もいるかもしれない。何と言っても、今、相手にしているのはヨーロッパでベスト16に残ったチームだからね」と、話したうえで、「リターン(マッチ)では、今日の終盤のような勢いで序盤から臨みたいね。そのためには、全ての選手がベストの状態でなくてはならない。(1回戦突破には)ロンドンでゴールが必要だけど、うちにはその能力がある。僕はそう確信しているよ」と、セカンドレグを見据えた。

 セカンドレグはチェルシーのホームで、3月18日に開催される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA