2014.02.25

CL決勝Tに臨むマンU指揮官「タイトルを狙えるチャンスがある」

モイーズ
マンUのモイーズ監督がオリンピアコス戦に向けてコメントした [写真]=Man Utd via Getty Images

 25日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、オリンピアコスと日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uが対戦する。

 敵地での一戦を前に、マンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督が展望を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 モイーズ監督は、「こういう試合は本当に楽しめるから、対戦を心待ちにしている。グループ首位通過で勢いをつけたが、オリンピアコス戦はタフな試合になるだろう」と、コメント。「勝ち上がるためには、良いサッカーをする必要がある。この大会ではタイトルを狙えるチャンスがあるが、まずはこの対戦を乗り切らなければならない」と、展望を語った。

 チームの状況については、「(ウェイン)ルーニーと(ロビン)ファン・ペルシーの調子は非常に良く、2人とも大一番でゴールを決めることができる。彼らが加わるとチームの戦力は大幅にアップする」と、話し、「今シーズンのオリンピアコスは良い成績を残していて、(グループステージで)特にパリSGとベンフィカに対して善戦した。難しいグループを勝ち上がってきたチームが相手なだけに、タフな試合を覚悟している」と、オリンピアコスの印象を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る