2014.02.10

モンテネグロ2部で活躍した大谷壮馬、ボスニア1部への移籍が決定

大谷壮馬
ボスニア1部リーグへの移籍が決まった大谷壮馬

 ボスニア・ヘルツェゴビナ1部リーグのFKスラビア・サラエボが、MF大谷壮馬を獲得したと同選手をサポートするユーロプラスインターナショナルが発表した。

 大谷は昨シーズン、モンテネグロ2部のFKベラネでプレーしていた。ウインターブレイクまで全試合に出場し、3得点。スラビアの監督や首脳陣は、大谷のビルドアップ、戦術眼、テクニック、ハードワークなどの能力を評価し、今回の移籍が決定した。

 FKスラビアへの移籍に際し、大谷は以下のようにコメントを寄せている。

「この度、FKスラビア・サラエボと契約することができました。一昨年までは大学の部活でプレーしていて卒業後海外でプロになることを決意し、去年の夏まで大阪府の社会人チームに所属し2013年の夏にモンテネグロでトライアルに行き2部のFKベラネと契約し半年間プレーしました。そして今回ボスニア・ヘルツェゴビナ1部のFKスラビア・サラエボに移籍することになりました。契約に至るまでたくさんの方々にお世話になりました。日本で支えてくれている家族や多くの仲間、いままで関わってきた方々に感謝しています。これから活躍し飛躍できるよう頑張りたいと思います」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る