2014.01.16

最新FIFAランクはスペインが1位を維持、W杯グループ別順位に変動なく

スペイン代表
2013年10月にグルジア代表と対戦した際のスペイン代表 [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は16 日、最新のFIFAランキングを発表した。

 来年行われるブラジル・ワールドカップのグループ別では、シード国が各グループのトップに立った。25位まで変動がなかったため、各グループに大きな順位の変化はなく、開催国のブラジルは10位、前回王者のスペインは1位と、それぞれ前月の順位を維持している。

 日本の所属するグループCでは、4位のコロンビアと12位のギリシャ、17位のコートジボワールは前月と同順位をキープ。日本だけ順位が変動し、1ランクダウンの48位となっている。

 グループ別の各国ランキングは以下のとおり。

■グループA
(A1)ブラジル[20大会連続20回目、10位]
(A2)クロアチア[2大会ぶり4回目、16位]
(A3)メキシコ[6大会連続15回目、21位]
(A4)カメルーン[2大会連続7回目、50位]

■グループB
(B1)スペイン[10大会連続14回目、1位]
(B2)オランダ[3大会連続10回目、9位]
(B3)チリ[2大会連続9回目、15位]
(B4)オーストラリア[3大会連続4回目、56位]

■グループC
(C1)コロンビア[4大会ぶり5回目、4位]
(C2)ギリシャ[2大会連続3回目、12位]
(C3)コートジボワール[3大会連続3回目、17位]
(C4)日本[5大会連続5回目、48位]

■グループD
(D1)ウルグアイ[2大会連続12回目、6位]
(D2)コスタリカ[2大会ぶり4回目、32位]
(D3)イングランド[5大会連続14回目、13位]
(D4)イタリア[14大会連続18回目、7位]

■グループE
(E1)スイス[3大会連続9回目、8位]
(E2)エクアドル[2大会ぶり3回目、23位]
(E3)フランス[5大会連続14回目、20位]
(E4)ホンジュラス[2大会連続3回目、43位]

■グループF
(F1)アルゼンチン[11大会連続16回目、3位]
(F2)ボスニア・ヘルツェゴビナ[初出場、19位]
(F3)イラン[2大会ぶり4回目、34位]
(F4)ナイジェリア[2大会連続5回目、41位]

■グループG
(G1)ドイツ[16大会連続18回目、2位]
(G2)ポルトガル[4大会連続6回目、5位]
(G3)ガーナ[3大会連続3回目、24位]
(G4)アメリカ[7大会連続10回目、14位]

■グループH
(H1)ベルギー[3大会ぶり12回目、11位]
(H2)アルジェリア[2大会連続4回目、27位]
(H3)ロシア[3大会ぶり3回目、22位]
(H4)韓国[8大会連続9回目、53位]

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る