FOLLOW US

ウルグアイ、ガーナとのGS最終戦は“涙の勝利”…総得点差で韓国に及ばず敗退決定

[写真]=Getty Images

 FIFAワールドカップカタール2022・グループHの第3節が3日に行われ、ガーナ代表とウルグアイ代表が対戦した。

 16分、ガーナはミドルシュートのこぼれ球に反応したモハメド・クドゥスがGKセルヒオ・ロシェに倒される。VARチェックの結果、ガーナにPKが与えられたが、アンドレ・アイェウのキックはロシェのセーブに遭い、先制の好機を逃してしまう。すると26分、ルイス・スアレスのシュートから最後はジョルジアン・デ・アラスカエタで頭で押し込んで、ウルグアイが先制に成功。さらに32分、見事なパスワークから再びデ・アラスカエタが決めて、ウルグアイが追加点を奪った。前半はウルグアイの2点リードで折り返す。

 試合を優位に進めていたウルグアイだったが、後半途中に同組の韓国リードの一報を受ける。最後までゴールを目指してプレーを続けるも、3点目を奪うことができず試合は0-2で終了。韓国と勝ち点、得失点差で並んだが、総得点差で及ばず3位で敗退が決定した。またガーナは1勝2敗の勝ち点3で4位で今大会を終えた。

【スコア】
ガーナ代表 0-2 ウルグアイ代表

【得点者】
0-1 26分 ジョルジアン・デ・アラスカエタ(ウルグアイ代表)
0-2 32分 ジョルジアン・デ・アラスカエタ(ウルグアイ代表)

【スターティングメンバー】
ガーナ代表(4-2-3-1)
GK:ジギ
DF:セイドゥ、アマーティ、サリス、ババ
MF:パルティ、サメド(72分 コフィ・チェレ)、クドゥス(90+8分 イサハク)、J・アイェウ(46分 スレマナ)、A・アイェウ(46分 ブカリ)
FW:ウィリアムス(72分 セメニョ)

ウルグアイ代表(4-4-2)
GK:ロシェ
DF:バレラ、ヒメネス、コアテス、オリベラ
MF:ベンタンクール(34分 ベシーノ)、バルベルデ、ペリストリ(66分 デ・ラ・クルス)、デ・アラスカエタ(80分 ゴメス)
FW:ヌニェス(80分 カノッビオ)、スアレス(66分 カバーニ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO