FOLLOW US

「W杯の幸福はもう終わった」…仏代表主将ロリス、5戦連続未勝利のチームに危機感

フランス代表の主将ロリス(写真は今年6月) [写真]=Getty Images

 フランス代表GKウーゴ・ロリスは、引き分けに終わったウクライナ戦を終えて試合を振り返った。4日、フランス紙『レキップ』が伝えている。

 フランス代表は4日、FIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループD第5節で敵地に乗り込んでウクライナ代表と対戦。キリアン・エンバペやエンゴロ・カンテが欠場となり、カリム・ベンゼマやラファエル・ヴァランがベンチスタートとなったフランスは、ウクライナを相手に苦戦して1-1のドローに終わった。

 試合後、ロリスはインタビューに応じ、EURO2020大会初戦のドイツ戦の勝利以来、公式戦5戦連続で勝ちがないチームへの危機感を口にした。

「集中力と積極性が足りないね。2018年のワールドカップ(優勝)の幸福はもう終わったんだ」

「非常に高いレベルが求められているし、僕らはそれに合わせなければいけない。少し自信が足りないように感じるし、選手個人の部分においても成長は見られるが、プレーレベルを上げるのはみんな次第だ」

「僕らはポジティブでいなければいけないし、フィンランド戦では立ち上がりからうまくやらなければいけない。僕は恐れたくはないんだ」

 次節、フランスは7日にホームでフィンランド代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO