FOLLOW US

カタールW杯公式記念コインが登場!フランス、スペイン、パラグアイモデルの金貨&銀貨が発売

 泰星コイン株式会社は、「FIFAワールドカップカタール2022公式記念コイン」の第1次予約販売を全国の金融機関などを通じて21日から開始すると発表した。

 FIFA承認の公式コインとして、前回王者のフランス、2010年大会制覇のスペイン、そのスペインの王立造幣局がともに鋳造するパラグアイの3カ国による金貨と銀貨7種類が販売となる。

 鋳造は、世界最古の歴史と芸術性の高さで定評のあるフランス国立造幣局(モネ・ド・パリ)と、伝統とモダニティを融合したコインで高い評価を得ている王立スペイン造幣局で、カタールの国鳥「鷹」をモチーフにした独創的なデザインや躍動的なプレーなどが刻まれる。

 税込価格は、<フランス200ユーロ金貨>が638,000円、<フランス50ユーロ金貨>が165,000円、<スペイン100ユーロ金貨><パラグアイ1500グアラニー金貨>が各154,000円、<金貨3種セット>が473,000円、<銀貨3種セット>が46,200円となっている。

以下、リリースの通り。

■前回大会優勝国から独創的なデザインの1オンス金貨

近年人気が高まっている大型金貨として、1オンス(31.1g、500円硬貨の約4.4倍)の量感と直径37㎜(500円硬貨の約1.4倍)のデザイン面を楽しむことができる<フランス200ユーロ金貨>が登場。カタールの国鳥である「鷹」を大胆かつリアルに表現し目をサッカーボールに見立てたデザインは、これまでに発行されたFIFAワールドカップ公式記念コインの中でも独創的なもので、フランス国立造幣局ならではの芸術性の高さを感じさせます。

■フランス、スペイン、パラグアイ──各国の個性あふれる金貨3種

1/4オンスサイズの金貨は、200ユーロ金貨と同デザインの<フランス50ユーロ金貨>、スペインからは力強いシュートシーンがダイナミックに描かれた<スペイン100ユーロ金貨>、パラグアイからは南米大陸と大会の公式エンブレムなどを組み合わせた<パラグアイ1500グアラニー金貨>の3種をラインアップします。

■公式コインを手軽に楽しめる銀貨3種セット

銀貨は、巧みなドリブルで相手選手と競り合うシーンが大きく描かれた銀貨限定デザインの<スペイン10ユーロ銀貨>、金貨と同じデザインの<フランス10ユーロ銀貨><パラグアイ1グアラニー銀貨>の3種。<銀貨3種セット>は、コイン初心者からサッカーファンまで幅広く楽しんでいただける手頃な商品となっています。

■大会公式コインにふさわしい高品位と希少性

金貨4種はいずれも純度99.9(純金)の高品位に加え、<フランス200ユーロ金貨>は世界で発行される750枚のうち500枚が国内で販売される希少性の高いものです。またいずれの金貨・銀貨も鏡面のように美しく仕上げられ、付属の特製ケースとともに鑑賞いただけます。

■ジャンニ・インファンティーノFIFA会長コメント
世界のコイン収集家とサッカーファンの皆さま。素晴らしい大会となった「FIFAワールドカップロシア2018」が終わり、いま世界中のサッカーファンたちは、世界トップの32チームが参加する2022年最大のスポーツイベントである、22回目のカタール大会に熱い視線を注いでいます。

「FIFAワールドカップカタール2022」は、史上初めて中東で開催される大会であり、これまでで最も革新的で環境に配慮された8つのスタジアムで行われます。本大会が、素晴らしい大会になると確信するとともに、2022年12月18日に「ルサイルアイコニックスタジアム」で行われる決勝戦は、世界一をかけた頂上決戦として人々を魅了してくれるでしょう。

私たちは、世界中のサッカーファンやコレクターたちが、この歴史的な 「FIFAワールドカップカタール2022」の公式記念コインを手にすることで、より一層この大会に関心を持つことを望んでいます。この記念コインは、光り輝く親善大使のように、世界中のファンたちに本大会の情熱を広めてくれることでしょう。

「FIFAワールドカップカタール2022」の公式記念コインは、これまでの大会と同様に、サッカーファンやコレクターの大いなる熱意と情熱に応えるものであると確信しております。そして、この特別で貴重な記念コインを、いち早く手にとっていただくことをお勧めいたします。

■予約販売期間
2021年6月21日(月)〜7月9日(金) ※期間内でも限定数に達した時点で終了
■発行国
フランス共和国(鋳造:フランス国立造幣局)、スペイン王国(鋳造:王立スペイン造幣局)、パラグアイ共和国(鋳造:王立スペイン造幣局)
■国内発売元
泰星コイン株式会社
■販売窓口
全国の主要金融機関
都市銀行:埼玉りそな銀行
地方銀行:足利銀行、伊予銀行、岩手銀行、大垣共立銀行、関西みらい銀行、三十三銀行、四国銀行、清水銀行、十六銀行、スルガ銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中国銀行、筑波銀行、東北銀行、富山銀行、南都銀行、八十二銀行、百五銀行、百十四銀行、広島銀行、福井銀行、北陸銀行、北海道銀行、北國銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行、横浜銀行
第二地方銀行:愛知銀行、愛媛銀行、香川銀行、京葉銀行、高知銀行、東和銀行、徳島大正銀行、栃木銀行、富山第一銀行、東日本銀行、みなと銀行
労働金庫:全国の労働金庫各支店(一部地域を除く)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO