FOLLOW US

南米王者エクアドルが初のU20W杯3位…延長戦の末にイタリアを撃破

エクアドルがU20W杯3位に輝いた [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019の3位決定戦が14日に行われ、U-20イタリア代表とU-20エクアドル代表が対戦した。

 日本と同じB組から勝ち上がった両チーム。グループステージではイタリアが1-0で勝利していた。準決勝でイタリアはウクライナに、エクアドルは韓国に敗れて3位決定戦に回った。

 前半はスコアレスで折り返し、エクアドルは56分にレオナルド・カンパーナが、59分にはディエゴ・パラシオスが強烈なミドルシュートを放つが、GKマルコ・カルネセッキの好セーブに阻まれる。一方、前回大会3位のイタリアは80分、アンドレア・コルパーニがエリア手前から左足で狙うが、シュートはわずかに枠の右に外れた。

 試合は90分では決着がつかず、延長戦に突入。イタリアは95分にPKを獲得したものの、アンドレア・コルパーニのキックはGKモイゼス・ラミレスにストップされて絶好のチャンスを逃した。

 すると104分、左サイドからのFKをカンパーナが頭ですらし、ファーのリカルド・ミナが右足で合わせてエクアドルに先制点をもたらした。これが決勝点となり、南米王者のエクアドルが初の世界3位の座に輝いた。

 決勝は15日に、U-20ウクライナ代表とU-20韓国代表が初優勝を懸けて激突する。

【スコア】
U-20イタリア代表 0-1 U-20エクアドル代表

【得点者】
0-1 104分 リカルド・ミナ(エクアドル)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA