2018.07.09

「子供たちに力を…」ケイン、イングランドの主将としての役割を語る

ケイン
主将兼エースという重責を担うケイン [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11日の2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント準決勝で、イングランド代表はクロアチア代表と対戦する。イングランドの主将を務めるFWハリー・ケインが、意気込みを語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日付で伝えている。

 イングランドは、28年ぶりとなる準決勝進出を果たした。主将として、またエースとしてチームをけん引するケインは、自らに課せられた役割についての見解を語っている。

「選手として、そしてプロフェッショナルとして、ピッチ内外において任務があることは分かっている。人々やこのトーナメントを見ている子供たちに力を与えるという任務だ」

「素晴らしいことじゃないか。なぜなら、僕もイングランドのためにプレーすることを望んで育ってきた子供の1人だったからね。だから、今ここでこのチームを引っ張っていることを、僕は本当に誇りに思っているよ」

 52年ぶりの優勝へはあと2勝。同選手はまず準決勝を突破し、決勝の舞台に進むことを願った。

「誰も帰りたいだなんて思っていない。みんな仕事をやり遂げたいと思っているし、それに挑戦できることに興奮している。最後までここにいたい。僕たちは、プロのフットボールの大会で最も大きな試合まであと一歩のところまで来ているんだ」

 クロアチアとの準決勝は、11日21時(日本時間12日3時)にキックオフを迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る