2018.07.08

延長PKの激闘制したクロアチアが4強入り! 開催国ロシアは準々決勝で姿を消す

クロアチア代表
クロアチアがPK戦を制しベスト4 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦した。

 快進撃を続ける開催国ロシアはここまで3得点のデニス・チェリシェフが2試合ぶりのスタメン入り。対するクロアチアはアンドレイ・クラマリッチをトップ下で起用。ルカ・モドリッチとイヴァン・ラキティッチがボランチのコンビを組む。

 31分、チェリシェフがアルテム・ジュバとの連携でゴール前へ。リターンパスを受けると左足で強烈なミドルシュートを突き刺し、ロシアが先制に成功する。チェリシェフは今大会4得点目で得点ランキング2位タイに浮上した。対するクロアチアは前半終了間際の39分、左サイドを抜け出したマリオ・マンジュキッチのクロスをクラマリッチが頭で押し込んで同点とする。

 後半はスコアが動かず、試合は延長戦に突入する。すると101分、モドリッチのCKをドマゴイ・ヴィダが頭で決めて、クロアチアが勝ち越しに成功する。追い込まれたロシアは終了間際の115分、途中出場のアラン・ジャゴエフのFKからマリオ・フェルナンデスがヘディングシュート。土壇場で同点に追いつき、決着の行方はPK戦に委ねられる。

 ロシアの1人目ヒョードル・スモロフのキックはGKダニエル・スバシッチがストップ。さらに3人目マリオ・フェルナンデスは枠を外してしまう。クロアチアは4人が決め、1998年フランスW杯以来20年ぶりのベスト4入りを果たした。準決勝は11日、決勝進出を懸けてイングランド代表と対戦する。

【スコア】
ロシア代表 2-2(PK 3-4)クロアチア代表

【得点者】
1-0 31分 デニス・チェリシェフ(ロシア)
1-1 39分 アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)
1-2 101分 ドマゴイ・ヴィダ(クロアチア)
2-2 115分 マリオ・フェルナンデス(ロシア)

【PK戦】
(上/先攻ロシア、下/後攻クロアチア、◯=成功/●=失敗)
▼1人目
ヒョードル・スモロフ●
マルセロ・ブロゾヴィッチ◯
▼2人目
アラン・ジャゴエフ◯
マテオ・コヴァチッチ●
▼3人目
マリオ・フェルナンデス●
ルカ・モドリッチ◯
▼4人目
セルゲイ・イグナシェヴィッチ◯
ドマゴイ・ヴィダ◯
▼5人目
ダレル・クズヤエフ◯
イヴァン・ラキティッチ◯

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る