2018.07.07

W杯で過去PK戦0勝も…ストーンズ、練習の成果を「実行するだけだった」

ジョン・ストーンズ
PK戦への準備について語ったストーンズ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランド代表DFジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)が、チームがPK戦で勝利するために多くの時間を費やして準備を行なっていたことを明かした。

 イングランド代表は3日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦でコロンビア代表をPK戦の末に下した。ストーンズが「PKでの勝利は大きなインパクトがあったと思う」と話すように、イングランド代表は1990年のイタリア大会、1998年のフランス大会、2006年のドイツ大会と過去のW杯3大会のPK戦で1度も勝てておらず、今回のコロンビア代表戦は初めてW杯のPK戦で勝利した試合となっていた。

 ストーンズは、今大会のイングランド代表がPK戦で勝利するために多くの練習時間を割いていたことを明かし、チームとしては落ち着いてPK戦に臨むことができていたと話した。

「練習の中でしっかり取り組んでPK戦への準備をしていた。練習中に必死に頑張っていたから、あとは実行するだけで良かった。勝った時にそう納得できた。僕はPKを蹴らなかったが、蹴った仲間たちが決めてくれた。それだけで十分だ。スポットに立って集中するだけだ。それでもし止められたとすれば、それはGKが見事だったということだ。PK戦の難しさはよく分かっている。勝者になれたことは本当に嬉しい」

 PK戦の末にコロンビア代表を下したイングランド代表は7日、準々決勝でスウェーデン代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る