2018.07.04

「国民を裏切れない」ナイジェリア主将ミケル、父親誘拐を隠し出場

ジョン・オビ・ミケル
アルゼンチン戦にフル出場したミケル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ナイジェリア代表の主将ジョン・オビ・ミケルは、26日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦のアルゼンチン代表戦前に実父が誘拐されていたと告白した。イギリス紙『ガーディアン』などが報じている。

 ミケルの父親であるマイケル・オビ氏は、ナイジェリア南東部で誘拐された。その後、アルゼンチン戦キックオフの約4時間前に同選手にも家族から連絡があり、誘拐犯に身代金を支払うように求められたという。報道の中でミケルは「僕は父親が誘拐されている時にプレーした。何が起きているのか知ってから、僕はトラウマに押しつぶされそうだった」と、2011年に同じく父親を誘拐された時のことを思い出したと明かした。

 また、「僕は試合に出場してサッカーをすべきなのか深く考えたよ。とても困惑していた。だけど最終的に1億8000万人のナイジェリア国民を裏切ることはできないと思った。このことは僕の頭の中で押さえ込んで、国民の代表として戦うべきだとね。監督やスタッフ、ともに戦ってきたチームメイトに明かすこともできなかったよ」と試合前の切迫した心情を語った。

 幸い、マイケル・オビ氏は解放されて現在治療を受けており、「ありがたいことに父は月曜日(7月2日)に解放された。救助活動を行った警察当局や支援してくれた人々に感謝している」と感謝を口にした。

 ミケルはアルゼンチン戦にフル出場したが、チームは試合終了間際にアルゼンチン代表DFマルコス・ロホに決勝点を奪われ、グループステージ敗退が決定した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング