2018.06.28

10分で交代のマルセロ、原因は脊椎の痛み…治療で回復、ブラジル連盟発表

マルセロ
セルビア戦、開始早々に交代したマルセロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は27日、2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第3節で前半開始早々に交代した同国代表DFマルセロについて、公式ツイッターにて症状と状態を発表した。

 マルセロは27日に行われたセルビア代表戦で先発メンバーに名を連ねたものの、開始10分で交代。足などを負傷した様子は見られなかったものの、8分頃に交代を要求し、DFフィリペ・ルイスの準備が整ったタイミングでピッチから退いた。

 状態が心配されていたマルセロだが、CBFの発表によると「サイドバック(マルセロ)は脊椎に痛みを覚えていた。治療を受け、回復へ向かっている」とのこと。大事には至らなかったようだ。

 ブラジルはセルビアを2-0で破り、首位でグループEを突破。7月2日の決勝トーナメント1回戦では、グループFで2位に入ったメキシコ代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る