2018.06.24

スペイン代表MFセスク、C・ロナウドの活躍に疑問視「評価されるべきだが…」

クリスティアーノ・ロナウド
活躍が疑問視されているC・ロナウド [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペイン代表MFセスク・ファブレガス(チェルシー)が、2018 FIFAワールドカップ ロシア(W杯)でのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の活躍を疑問視しているようだ。23日、イギリス紙『BBC』が伝えている。

 C・ロナウドはグループステージ第2節を終えて4得点を決め、中でも強豪スペイン代表を相手にハットトリックを記録するなど、好調を維持している。しかし、今大会に選出されていないセスクは同紙のコラムに寄稿し、C・ロナウドのゴールが流れとは関係ないところで決まっていると指摘している。

「彼はW杯で注目を集める選手の一人であることは間違いない。彼はここまで4ゴールと素晴らしい滑り出しだ。代表でC・ロナウドは、特殊な役割を務めている。前線にポジションを取り、ピッチ全体を走り回ることはない」

「いうまでもなく彼は良いプレーを見せてはいる。もちろん彼は評価されるべきだ。しかし、彼のゴールはセットプレーやPK、ミスから生まれているということは指摘しなければならない。よく見てみると、ゴールはPK、直接FK、CK、そして最後は(マンチェスター・U所属スペイン代表GKダビド)デ・ヘアが防ぐべきだったシュートから生まれている。C・ロナウドとポルトガルが、ゴールを生み出すために素晴らしいコンビネーションやパス回しを見せているわけではない」

 これまでもセスクは度々”お騒がせ”してきたが、今回の発言もまた物議を醸す発言となりそうだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング