2018.06.04

ロシア代表、W杯に臨む23名を発表…38歳イグナシェビッチが約2年ぶりに復帰

ロシア代表
ロシア代表がW杯本大会を戦う23選手を発表した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ロシアサッカー連盟(RFU)は3日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むロシア代表メンバー23名を発表した。

 メンバー入りを果たした23名には、GKイゴール・アキンフェエフやMFユーリ・ジルコフといったおなじみの面々が名を連ねている。5月11日に発表されていたメンバー候補28名からは、GKソスラン・ジャナエフ、DFルスラン・カムボロフ、DFロマン・ノイシュテッター、DFコンスタンティン・ラウシュ、MFアレクサンドル・タシャエフ、FWフョードル・チャロフが落選した。

 なお、カムボロフは負傷を理由とする落選となっており、代わりにCSKAモスクワのDFセルゲイ・イグナシェビッチが招集されている。現在38歳のイグナシェビッチは2016年にロシア代表を引退していたが、今回はそれを撤回してのメンバー入りとなった。

 ロシア代表は5日にトルコ代表とW杯前最後の国際親善試合を行う。W杯のグループステージでは、14日にサウジアラビア代表と、19日にエジプト代表と、25日にウルグアイ代表と対戦する。

 発表されたロシア代表メンバー23名は以下の通り。

▼GK
イゴール・アキンフェエフ(CSKAモスクワ)
ウラジミール・ガブロフ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
アンドレイ・ルニョフ(ゼニト)

▼DF
ウラジミール・グラナト(ルビン・カザン)
セルゲイ・イグナシェビッチ(CSKAモスクワ)
ヒョードル・クドリャショフ(ルビン・カザン)
イリヤ・クテポフ(スパルタク・モスクワ)
アンドレイ・セミョノフ(テレク・グロズヌイ)
イゴール・スモルニコフ(ゼニト)
マリオ・フェルナンデス(CSKAモスクワ)

▼MF
ユーリ・ガジンスキ(FCクラスノダール)
アレクサンドル・ゴロヴィン(CSKAモスクワ)
アラン・ジャゴエフ(CSKAモスクワ)
アレクサンドル・エロヒン(ゼニト)
ユーリ・ジルコフ(ゼニト)
ロマン・ゾブニン(スパルタク・モスクワ)
ダレル・クズヤエフ(ゼニト)
アントン・ミランチュク(ロコモティフ・モスクワ)
アレクサンドル・サメドフ(スパルタク・モスクワ)
デニス・チェリシェフ(ビジャレアル/スペイン)

▼FW
アルテム・ジュバ(アルセナル・トゥーラ)
アレクセイ・ミランチュク(ロコモティフ・モスクワ)
フョードル・スモロフ(FCクラスノダール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る