2018.03.26

ウェールズ代表ベイル、2022年開催のW杯出場を「絶対に諦めることはない」

ベイル
ワールドカップ出場の目標を諦めていないベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、2018 FIFA ワールドカップ ロシアの出場権を逃したものの、今後もW杯出場の目標を諦めることはないようだ。25日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ベイルは10月に行われたW杯予選をケガの影響により欠場してしまった。結果は最終予選でアイルランド代表に敗れ、ウェールズ代表は同大会の出場を逃した。

 同選手は2022年に開催されるカタールW杯の出場を目標としているようだ。それについて次のように話している。

「ユーロ2016での素晴らしいパフォーマンスからワールドカップ出場を逃すという悲劇に我々も当初は驚いていたよ。でもそれが現在の実力であり、それを認めて次に進むことが求められる」

「今回のワールドカップに出場できないという事実が、次の大会への出場権をより価値のあるものにしてくれるよ」

 ベイルはウェールズ代表として通算69試合に出場し、29ゴール12アシストを記録している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
21pt
マンチェスター・C
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る