2017.09.30

オランダ代表のユニークな取り組み…ゲームの能力値付きでメンバー発表

オランダ代表
オランダ代表のメンバーが発表された [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オランダサッカー協会(KNVB)は29日、2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選に臨むオランダ代表メンバー24名を発表した。

 オランダ代表は8試合を終えて勝ち点「13」の3位。2試合を残して首位フランス代表は勝ち点「18」、2位スウェーデン代表は勝ち点「16」とW杯出場が危ぶまれているが、今回の代表発表方法がとてもユニークなものだった。

 KNVBは画像付きのツイートで代表メンバーを発表したのだが、選手の顔写真や名前などが書かれた普通の画像ではなく、代わりにサッカーゲーム「FIFA18」に出てくる能力値が記載された選手カードを用いて発表していた。今回発表されたメンバーの中では、アリエン・ロッベンの「88」が最高値。「84」のケヴィン・ストロートマン、「83」のバス・ドストがそれに続く。

 選手選考に関しては、長く主力をとしてプレーしていたウェスレイ・スナイデルが外れている。理由は「所属するニースでプレーする必要がある」とを公式サイトで説明された。またロビン・ファン・ペルシーやブルーノ・マルティンス・インディらがケガで外れた一方、ライアン・バベルが2011年以来初めての代表復帰を果たした。

 オランダ代表は10月7日にベラルーシ代表と、10日にスウェーデン代表と対戦する。発表されたメンバーは以下の通り。

▼GK
ヤスパー・シレッセン(バルセロナ/スペイン 「81」)
イェルーン・ズート(PSV 「79」)
マールテン・ステケルンブルフ(エヴァートン/イングランド 「75」)

▼DF
マタイス・デ・リフト(アヤックス 「76」)
ケニー・テテ(リヨン 「77」)
カリム・レキク(ヘルタ・ベルリン/ドイツ 「73」)
ウェスレイ・フート(サウサンプトン/イングランド 「77」)
ダリル・ヤンマート(ワトフォード/イングランド 「77」)
デイリー・ブリント(マンチェスター・U/イングランド 「80」)
ネイサン・アケ(ボーンマス/イングランド 「75」)

▼MF
ドニー・ファン・デ・ビーク(アヤックス 「76」)
トニー・ビリェナ(フェイエノールト 「78」)
ヨエル・フェルトマン(アヤックス 「77」)
ダフィ・クラーセン(エヴァートン/イングランド 「82」)
マルコ・ファン・ヒンケル(PSV 「78」)
ダヴィ・プレパー(ブライトン/イングランド 「77」)
ケヴィン・ストロートマン(ローマ/イタリア 「84」)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール/イングランド 「82」)

▼FW
アリエン・ロッベン(バイエルン/ドイツ 「88」)
バス・ドスト(スポルティング/ポルトガル 「83」)
フィンチェント・ヤンセン(フェネルバフチェ/トルコ 「77」)
メンフィス・デパイ(リヨン/フランス 「80」)
ライアン・バベル(ベシクタシュ/トルコ 「75」)
ユルゲン・ロカディア(PSV 「76」)
 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る