2017.03.29

ブラジルのW杯出場決定、アルゼンチンは5位転落/南米予選第14節

ブラジル代表、アルゼンチン代表
ブラジル(上)のW杯出場決定、アルゼンチン(左下)は5位転落、コロンビア(右下)は2位に [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第14節の5試合が28日に各地で行われた。

 7連勝で首位を独走していたブラジルは、7位のパラグアイをホームに迎えた。MFフィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)とFWネイマール(バルセロナ)、DFマルセロ(バルセロナ)のゴールで3-0と完勝。勝ち点を「33」に伸ばした。2位のウルグアイが敵地でペルーに1-2と敗れたため、ブラジルは4試合を残して4位以上が確定。南米予選突破、21回目となるW杯出場権獲得が決まった。

 また、前節でチリを破り、2連勝で3位に浮上したアルゼンチンは、敵地で9位のボリビアと対戦した。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)を出場停止で欠く中、0-2と完封負け。痛恨の黒星で、5位に転落している。

 4位のコロンビアは敵地でエクアドルに2-0と快勝。2連勝で勝ち点を「24」に伸ばし、2位に浮上している。

 以上の結果、2位以下の4チームが勝ち点差「2」にひしめく混戦となった。次節は8月31日に行われ、3位ウルグアイと5位アルゼンチンの直接対決も予定されている。

■2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選 第14節結果
ボリビア 2-0 アルゼンチン
チリ 3-1 ベネズエラ
エクアドル 0-2 コロンビア
ブラジル 3-0 パラグアイ
ペルー 2-1 ウルグアイ

■2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選 第14節 順位表(勝ち点/得失点差)

1位 ブラジル(33/+25)
2位 コロンビア(24/+3)
3位 ウルグアイ(23/+9)
4位 チリ(23/+5)
=====W杯出場権獲得=====
5位 アルゼンチン(22/+1)
====大陸間プレーオフ進出====
6位 エクアドル(20/+3)
7位 ペルー(18/-1)
8位 パラグアイ(18/-8)
9位 ボリビア(10/-20)
10位 ベネズエラ(6/-17)

(上位4チームがワールドカップ出場権獲得、5位のチームはオセアニア首位チームとの大陸間プレーオフへ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る