2015.07.06

なでしこ立ち上がりに4失点も大儀見のゴールで1点を返し前半終了

ロイド
得点を挙げたロイド(10番) [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015決勝が5日に行われ、アメリカ女子代表となでしこジャパンが対戦した。

 イングランドとの準決勝を制し、ワールドカップ連覇に王手をかけたなでしこジャパン。決勝は2大会連続、そしてロンドン・オリンピックとも同じ組み合わせとなった。アメリカとの通算成績は1勝23敗6分(PK戦は引き分け扱い)と分が悪いが、直近4年間は1勝2敗2分けとほぼ互角の戦いだ。

 なでしこのスタメンは、GK海堀あゆみ、DF岩清水梓、DF熊谷紗希、DF鮫島彩、DF有吉佐織、MF阪口夢穂、MF宮間あや、MF川澄奈穂美、MF宇津木瑠美、FW大野忍、FW大儀見優季。決勝トーナメントに入って、4試合連続で同じ先発メンバーで臨んだ。

 試合は開始早々からアメリカがビッグチャンスを作る。3分、右CKを獲得すると、ミーガン・ラピノーが低く速いクロスを供給。これをゴール中央に走り込んだカーライ・ロイドが左足で押し込み、アメリカが先制に成功する。直後の5分、ペナルティエリア右横でFKを得ると、ローレン・ホリデーが再び低く速いクロスを選択。ニアのジュリー・ジョンストンがヒールでスラし、再びロイドが押し込んだ。

 勢いに乗るアメリカは14分にも得点。右サイドのトービン・ヒースがアーリークロスを上げると、岩清水のクリアがやや中途半端になる。浮き上がったボールをホリデーにボレーで叩きこみ、リードを3点に広げた。さらにキックオフ直後の16分、ハーフウェイライン付近でボールを奪うと、GK海堀の位置を見たロイドがロングシュートを選択。海堀がなんとか触ったが、左ポストに当たりながらゴールに吸い込まれた。アメリカが4点をリードする展開となる。

 徐々になでしこがボール支配率を上げて落ち着きを取り戻すと、ようやくチャンスを作る。27分、右サイドでボールを受けた川澄が中央に切れ込んでクロスを送ると、中央でボールを受けた大儀見がワントラップから左足で反転シュート。これがゴール左に決まり、なでしこが1点を返した。

 前半のうちにスコアを縮めたいなでしこは、33分に岩清水を下げて澤穂希を投入。阪口がCBに下がり、澤がボランチの位置に入った。さらに39分、川澄を下げて菅澤優衣香を投入した。

 このまま4-1でアメリカがリードして前半終了を迎えた。

【スコア】
アメリカ女子代表 4-1 なでしこジャパン

【得点者】
1-0 3分 カーライ・ロイド(アメリカ女子代表)
2-0 5分 カーライ・ロイド(アメリカ女子代表)
3-0 14分 ローレン・ホリデー(アメリカ女子代表)
4-0 16分 カーライ・ロイド(アメリカ女子代表)
4-1 27分 大儀見優季(なでしこジャパン)

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る