2015.06.24

なでしこMF宮間、豪州との準々決勝は「気持ちの強いほうが勝つ」

宮間あや
オランダ戦に出場した宮間あや [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、オランダ女子代表と対戦したなでしこジャパンが2-1の勝利を収め、ベスト8進出を決めている。

 序盤から積極的に攻めたなでしこは10分に有吉佐織の代表初ゴールで先制点を挙げると、1-0で前半を折り返す。後半はボールを支配するもなかなか追加点が奪えなかったが、78分に阪口夢穂がミドルシュートを決めオランダを突き放す。後半アディショナルタイムに失点を喫したものの2-1で逃げ切り、連覇に向けまずは決勝トーナメント1回戦を突破した。

 試合後のインタビューに応えたキャプテンの宮間あやは、「1点差でもとにかく勝ち切るということを意識して臨みました。相手の勢いに飲まれないようにしながらも、自分たちのリズムを作るということを意識しました」と試合への入り方を大事にしていたと話した。

 試合全体を通しては「どちらのゴールもサイドを起点に、中で結果を出すことができたのでよかったと思います」と得点シーンを振り返ると「守備の部分でピンチも多いので、もう一度みんなで見直してやっていきたいと思います」とディフェンス面での課題を挙げている。

 終盤1点差に詰め寄られたが、「失点しなければもっとよかったですが、まあそれも教訓として次につなげていきたいと思います」とポジティブにとらえた。

 そして準々決勝に向けて「お互いに知り尽くしてる相手だから気持ちが強いほうが勝つと思うので、その部分では絶対に負けない。いい準備をしたいと思います」と意気込んでいる。

 なでしこジャパンは、27日に準々決勝でオーストラリア女子代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る