2014.10.29

FIFAブラッター会長「メッシのW杯MVPは正当じゃなかった」

メッシのゴールデンボール受賞に対し「不適」と語ったブラッター会長 [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長がブラジル・ワールドカップの大会最優秀選手賞(ゴールデンボール賞)をバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞したことについて、再び自身の考えを明かした。スペイン紙『マルカ』が28日に伝えている。

 ブラッター会長はワールドカップ終了直後にも「メッシの選出には少し驚いた」などの発言をしており、自身が予期しないMVP選出であったことを明かしていた。

 『マルカ』によると、ブラッター会長はメッシのゴールデンボール受賞に対して、再び「不適当だった」とコメントするなど、自身の見解を語った模様だ。

「私には、あの決定が不適当だったように思える。委員会の決定を聞いた際に、私は驚いたんだ。しかし、彼らはファイナルを戦った選手10人の中から、彼を選出したと言っていたよ」

 ブラジル・ワールドカップでのMVP選出に関しては、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏も「間違った人選だ」と主張するなどしており、話題となっていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る