2014.07.14

途中出場で値千金の優勝決定弾…ゲッツェが決勝のMOMに選出

ゲッツェ
優勝を決める決勝点を挙げたゲッツェ [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ決勝が13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦。延長戦の末、マリオ・ゲッツェが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利を収めた。ドイツの優勝は、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来4回目となった。

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HP上で、サポーターの投票などにより決まる、バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチを発表。同試合で決勝点を挙げたドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが選出された。

 ベンチスタートのゲッツェは、スコアレスで迎えた88分、ミロスラフ・クローゼに代わってピッチへ。延長後半の113分、左サイドをドリブルで持ち上がったアンドレ・シュールレからのクロスに反応し、胸トラップから左足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。

 ゲッツェはグループリーグ第2節のガーナ戦に続いて、今大会2得点目を記録。優勝を決める値千金の決勝点となった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る