2014.07.10

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表指揮官、スシッチ監督が続投へ

スシッチ
続投が決まったスシッチ監督 [写真]=Getty Images

 ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会は9日、同国代表を率いるサフェト・スシッチ監督の続投を発表した。契約期間を2年間延長し、2016年に開催されるユーロ2016までチームを率いることとなった。

 スシッチ監督は続投について以下のように語っている。『FIFA.com』が伝えた。

「チームを去ることは、私にとってつらいことだと言ってきた。そして、(代表監督を退任する)時期ではなかったんだ。続投が決定して本当に満足している」

 ワールドカップに初出場したボスニア・ヘルツェゴビナは、アルゼンチンとナイジェリアを相手に2連敗を喫し、グループステージを敗退。しかし、最終節のイラン戦で3-1と勝利し、ワールドカップ初勝利を飾っていた。

 スシッチ監督は、ブラジル・ワールドカップ終了後に退任することが濃厚だと伝えられていたが、続投する結果となった。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る