2014.07.09

ブーイングにも言及…準決勝敗退にフレッジ「消えることのない傷」

フレッジ
ドイツ代表戦に先発出場したフレッジ(左) [写真]=Getty Images

 ブラジル代表FWフレッジが、8日に行われたブラジル・ワールドカップ準決勝ドイツ代表戦での敗戦について言及した。ブラジルメディア『SporTV』が伝えている。

 ブラジル代表は11分にドイツ代表FWトーマス・ミュラーに先制ゴールを許すと、その後は守備陣が崩壊。1-7で敗れ、自国開催のワールドカップは準決勝敗退となった。

 同試合に先発出場したフレッジは「僕たちは過去最悪の試合をしてしまった。そして、ドイツは最高の試合を見せた。悲しみと失望に溢れている。消えることのない人生の傷になった。僕たちはこの逆境を乗り越える力を探さなければいけない」と語り、歴史的大敗に肩を落とした。

 また、試合中にブラジル代表のサポーターからブーイングを受けたことについて、フレッジは「起きた事に対する結果として、僕を傷つけるような状況になった。これもフットボールの一部だ」と述べていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る