2014.07.09

歴史的大敗にスコラーリ監督「普通ではないことが起きた」

スコラーリ
ブラジル代表を率いるスコラーリ監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル代表を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、ブラジル・ワールドカップ準決勝敗退について言及した。『Football ESPANA』が伝えている。

 8日に行われた同大会の準決勝で、ブラジル代表はドイツ代表と対戦し、1-7で敗戦。試合後、自国開催となるワールドカップでの優勝を目指してきたスコラーリ監督は「この結果に対して許しを求めたい。このような敗北の中でさえ、サポートをしてくれたファンに感謝を示したいと思っている」と語った。

 また、同監督は「私は壊滅的な結果に対して責任がある」とコメント。さらに、歴史的大敗の原因について「今回の試合のことは、我々のプレーとは無関係だった。コントロールを失い、普通ではないことが起こった」と述べた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る