FOLLOW US

腰椎骨折で代表離脱のネイマールがメッセージ「夢はまだ終わっていない」

キャンプ地から病院へ、ヘリコプターで移動する際、手を挙げたネイマール [写真]=Globo via Getty Images

 ブラジル代表FWネイマールは、4日に行われたブラジル・ワールドカップの準々決勝コロンビア戦で先発出場したが、試合終盤に相手DFフアン・スニガのひざが腰に当たり、負傷退場。診察の結果、腰椎骨折と診断され、残りのワールドカップの試合を欠場することが発表された。

 5日に代表のキャンプ地を離れ、治療に入ることになったネイマールはCBF(ブラジルサッカー連盟)の公式HPを通じて動画でメッセージを残した。内容をイギリス紙『ミラー』が伝えた。

 大会途中、志半ばでの離脱となってしまった開催国のエースは、「今はすごくタフな時間。言葉にするのはすごく難しい」と現在の心境を素直に表現した。

 また、「なるべく早くピッチに帰ってくると伝えたい。みんなからのメッセージとともに送られた愛情とサポートに感謝したい」と続け、感謝のメッセージを伝えた。

 母国開催のワールドカップを途中で離脱することになってしまったが、「僕の夢はまだ終わっていない。まだ生きている。仲間たちが僕の夢を叶えてくれると確信しているよ、チャンピオンになるというね。ワールドカップの決勝でプレーするという別の夢を持っていたけど、それは今、不可能になってしまった。だけど、仲間が勝利し、僕やブラジルの人々とともにチャンピオンとなり、その結果を祝福することになると強く思っているよ。みんな、ありがとう」と続け、仲間へエールを送っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA