2014.07.03

独代表監督、ラームを引き続き中盤で起用へ…準々決勝で仏と対戦

ラーム
ここ4試合ではアンカーとしての役割を担ったドイツDFラーム [写真]=Getty Images

 ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督は、4日に行われるブラジル・ワールドカップの準々決勝フランス代表戦で、バイエルン所属DFフィリップ・ラームを引き続き中盤で起用する見通しを明かした。

 長年にわたってサイドバックとして活躍してきたラームは、2013-2014シーズンにバイエルンで中盤のポジションを経験。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で、印象的なパフォーマンスを披露した。それにより、今大会におけるドイツ代表でも、グループステージ初戦からの全4試合でアンカーのポジションからスタートしている。

 延長戦の末に2-1で勝利した決勝トーナメント1回戦のアルジェリア代表戦では、DFシュコドラン・ムスタフィが後半に負傷交代した影響もあって、試合途中からラームをサイドバックに移動させたレーヴ監督。だが、フランス戦では再び中盤に戻す考えのようだ。同監督がドイツメディアに語ったコメントを、『FIFA.com』が公式サイト上で伝えた。

「私はラームの役割について、すでに決めている。最後までそのままだ」

「ラームは近年のドイツ代表をけん引してきた存在だ。10年にわたって最高レベルのプレーを続けてきた。彼が最終ラインに戻るのは、右サイドに問題が生じたときだけとなる。私は、そのポジションに関して、問題ないと考えている。彼がサイドバックに入るのは緊急事態のときだけだ。我々はそれを防がなければならない」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る