2014.07.02

アルゼンチン代表ディ・マリアに複数クラブが興味…第一候補はPSGか

ディ・マリア
複数のクラブからのオファーが伝えられているディ・マリア [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップにアルゼンチン代表として出場している、レアル・マドリード所属のMFアンヘル・ディ・マリアに、複数のクラブからオファーが届いているようだ。スペイン紙『マルカ』が、2日に伝えている。

 同紙によると、有力候補とされているのが、フランスのパリSG。同クラブは、かねてからディ・マリアに興味を示しており、ワールドカップでも活躍を見せている同選手への獲得意志を高めているようだ。

 それに続くのが、日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uや、そのライバルクラブのマンチェスター・C、アーセナルといったイングランドの強豪クラブである。ディ・マリア自身は、移籍となった場合、イングランドのクラブを希望していると見られている。

 そして、強い興味を示しながらも、可能性が低いと伝えられているのが、イタリアのユヴェントスだ。ディ・マリアへの獲得興味を見せる他クラブと比べ、経済的な余裕がなく、同選手の獲得は難しいと見られている。

 複数のクラブから興味を示されているディ・マリアは、現在アルゼンチン代表として、ブラジル・ワールドカップのベスト8まで進出。5日に行われる準々決勝では、アメリカを下したベルギーと、ベスト4進出を懸けて対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る