2014.07.02

延長後半に決勝点のディ・マリア「心も魂もピッチ上に置いてきた」

ディ・マリア
先制点を喜ぶアルゼンチン代表MFディ・マリア [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が1日に行われ、アルゼンチン代表とスイス代表が対戦した。試合後、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが同試合を振り返った。イタリアメディア『FootballITALIA』が、1日に伝えている。

 同試合は、0-0で延長戦にもつれ込んだが、迎えた延長後半の118分、アルゼンチンがディ・マリアの得点で先制に成功。試合はそのまま1-0で終了を迎え、アルゼンチンのベスト8進出が決定している。

 決勝点となる得点を決めたディ・マリアは、「僕たちは常に全力だったし、決して諦めなかった。それが、僕たちを勝利に導いてくれたんだ」とコメント。チームメンバーの功労を称賛した上で、「僕たちは本当によくやった。ピッチの上に心も魂も置いてきたんだ。すべて出し切ったよ」と、ベスト8進出へと繋がる勝利に、満足感を示した。

 さらに、同選手は、120分間の激闘のうえでの勝利にも、「次の試合は4日後だ。、準々決勝に向けてしっかり回復するよ」と話し、すでに次戦を見据えている。

 アルゼンチンは3大会連続のベスト8進出。5日に行われる準々決勝では、アメリカを下したベルギーと、ベスト4進出を懸けて対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る