2014.07.01

独紙がドイツ代表を辛口評価、ベスト8進出も両サイドバックに最低点

エジル
エジルの決勝ゴールに歓喜するドイツ代表メンバー [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が6月30日に行われ、アルジェリア代表と対戦したドイツ代表は延長戦の末2-1で勝利し、ベスト8に駒を進めた。

 ドイツ紙『ビルト』は、この試合に出場した同国代表選手の採点と寸評を発表。再三ペナルティエリア外へ飛び出し、ピンチを防いでいたGKマヌエル・ノイアーと、先制点を挙げたFWアンドレ・シュールレに最高点「1」が与えられた。決勝弾を決めたMFメスト・エジルには、厳しい評価の「5」がつけられている。

 各選手の採点と寸評は以下のとおり(最高点1、最低点6)。

■GKマヌエル・ノイアー(バイエルン):採点1
「この試合において彼の存在を忘れることはできない。彼はベストなゴールキーパーだっただけではなく、サイドバックとして、センターバックとして、そしてリベロとしてもベストな選手だった。彼は全てを救ってくれた」

■DFシュコドラン・ムスタフィ(サンプドリア/イタリア):採点6
「このような選手をワールドカップの舞台で探すのは難しい。せいぜいベンチに座るレベルだろう。右サイドバックとして存在感を出せず、19パーセントのミスパス率。太もものけがで交代したが、彼にとってはそれが救いだっただろう」

■DFペア・メルテザッカー(アーセナル/イングランド):採点4
「空中戦では強さを見せるも、隣のパートナーの下手な仕事が彼にも伝染してしまった」

■DFジェローム・ボアテング(バイエルン):採点5
「センターバックを務めたが、彼は大きな問題を引き起こした。ポジショニングミスばかりで、前半はたった4.5kmしか走らなかった」

■DFベネディクト・ヘヴェデス(シャルケ):採点6
「ダメだ、ダメだ、ダメだ!彼は左サイドバックの選手ではない。相手の動きに眩暈を起こし、そして全く前に顔を出さなかった」

■MFフィリップ・ラーム(バイエルン):採点5
「ムスタフィのけがにより、アンカーから右サイドバックにポジションを変えたが、良くはならなかった」

■MFバスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン):採点4
「ドイツの初シュートを40分に放った。インパルスは少なかった」

■MFメスト・エジル(アーセナル/イングランド):採点5
「1対1で度胸がない。攻撃でのアイディアもない。2点目を決めたが、今大会ここまでで最大の失望だ」

■MFトニ・クロース(バイエルン):採点5
「ミドルシュートは打ったが、ほとんど横パスばかり。テンポがない」

■FWマリオ・ゲッツェ(バイエルン):採点5
「多くのボールを要求したが、存在感は薄かった」

■FWトーマス・ミュラー(バイエルン):採点3
「いつものようにプレーしたかったようだが、いつものようにプレーはできなかった。混乱とカオスに満ちたドイツ代表の中ではベターな選手だった」

■FWアンドレ・シュールレ(チェルシー/イングランド):採点1
「ドイツに勢いをもたらした。ベストなフィールドプレーヤーであり、ヒールシュートからの得点は見事だった」

■MFサミ・ケディラ(レアル・マドリード/スペイン):採点4
「ボランチの位置に交代で入ったが、戦いを放棄していた」

■MFクリストフ・クラマー(ボルシアMG):出場時間が短いため採点なし
「ワールドカップデビューを祝い、勝利を守った」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る