FOLLOW US

ウルグアイ代表指揮官が苦言「スアレスはスケープゴートにされた」

スアレスの処分に不服のウルグアイ代表タバレス監督 [写真]=Getty Images

 ウルグアイ代表を率いるオスカル・タバレス監督は、同国代表FWルイス・スアレスに4カ月のサッカー活動停止、代表戦9試合出場停止という処分を科したFIFA(国際サッカー連盟)に怒りを見せている。

 スアレスは、ブラジル・ワールドカップのグループD最終節でイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付いたことで処分を受けた。ウルグアイはこの処分が重過ぎるものだとして、FIFAに異議を申し立てる意向を示している。

 タバレス監督は、スアレスが噛み付き行為を行ったことを認めながらも、処分の重さに苦言を呈し、同選手がFIFAの“スケープゴート”にされていると主張した。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』がウルグアイ代表指揮官のコメントを伝えている。

「我々は(スアレスが)噛んだ映像を見た。そして、処分が科されるだろうと思っていたことは否定しない。だが、このような厳しい罰が待ち受けていることは想像していなかった。スアレスだけでなくキエッリーニにも問題はあった」

「この処分により、スアレスとキエッリーニのエピソードは全く違う見方をされる。試合直後にスアレスを攻撃したメディアは、さらに攻撃を仕掛けるだろう」

「この決定で誰が勝利する?誰が敗北する?誰が利益を得る?誰が傷ついた?スアレスは権力者たちにスケープゴートにされたんだ」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA