2014.06.27

GL敗退の悔しさを滲ませるインモービレ「僕たちはもっとやれた」

GL敗退の悔しさを語ったインモービレ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップに出場していたイタリア代表は、25日に行われた、ウルグアイ代表との決戦に敗れ、グループリーグを1勝2敗の勝ち点3で終え、敗退が決定した。

 自身初となるワールドカップに臨んだイタリア代表FWチーロ・インモービレは、屈辱のグループリーグ敗退について、「僕たちはもっとやれたはずなんだ」とコメントした。イタリアメディア『フットボールイタリア』が26日に伝えている。

 同選手は、「僕にとっては大きすぎる失望だ」と失意の念を示し、「このような大きな大会には、経験が非常に重要になってくる。僕たちはもっと多くのものを手に入れられるはずだったし、もっとうまくやれたはずだった。それでも、僕たちは重要で価値のある経験をした。もう一度、出発するんだ」と続けた。

 また、イタリア代表の重鎮であるGKジャンルイジ・ブッフォンとMFダニエレ・デ・ロッシらによる、若手代表選手への苦言については、「僕たちは、彼らの言葉に耳を傾けないといけない。彼らのアドバイスにしっかり従うべきだ」と、同意の姿勢を示している。

 インモービレは、トリノに所属した2013-14シーズンに22得点を記録し、セリエA得点王を獲得。新シーズンからはドルトムントでプレーすることが決まっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る