FOLLOW US

ガーナ代表追放のMFボアテング「監督侮辱などしていない」

ガーナ代表追放が発表されたボアテング [写真]=Getty Images

 ガーナサッカー協会は26日、ブラジル・ワールドカップに出場中の同国代表からMFケヴィン・プリンス・ボアテングとMFサリー・ムンタリを追放したと発表。この声明に対し、ボアテングが否定的な見解を示した。イタリアメディア『フットボールイタリア』が26日に伝えている。

 協会の声明によると、ボアテングの追放理由は「クウェシ・アッピアー監督に対する侮辱行為」とされているが、同選手は「俺はアッピアーを侮辱などしていない」と、この声明を否定している。

「ただのジョークのつもりだったんだよ。それを監督はよく思っていなかったみたいだ」

 さらに、「俺はもう追放されたことは分かっているし、受け入れている」と、自身への処分を受け入れた上で、「でも、決して侮辱はしていない。これだけは明らかにしたいんだ」と、語っている。

 ボアテング、ムンタリの両選手の追放期間は、無期限とされており、処分は即時実行となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO