2014.06.27

136得点が生まれたW杯グループリーグ…最多得点スパイクはアディダスのF50

ミュラー
2大会連続の得点王に向けてゴールを量産するドイツ代表のミュラー [写真]=Getty Images

 現地26日、ブラジル・ワールドカップ2014のグループリーグの全日程が終了。大会史上初となる開幕オウンゴール弾を口火に、グループリーグ全48試合で計136ゴールが生まれた。

 スパイクやユニフォーム、サッカーのアイテムを広く紹介する『SOCCERBIBLE』では、大会で選手が着用しているスパイクごとにゴール数を集計。「ブーツ・リーグ」と題して、スパイクごとのゴールランキングを発表している。

 グループリーグで最も多くのゴールを記録したスパイクは、アディダスの「F50」。今大会初のハットトリックを記録したドイツ代表トーマス・ミュラー、オランダ代表のアルイェン・ロッベン、ロビン・ファン・ペルシー、ウルグアイ代表のルイス・スアレス、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ、コロンビア代表のハメス・ロドリゲスらの活躍により、計37ゴールが生まれている。

 2位は、ナイキの「マーキュリアル」で計33ゴールを記録。今大会2人目のハットトリックを達成したスイス代表のシェルダン・シャキリ、ガーナとの最終戦で決勝点を決めたポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、コートジボワール代表のジェルヴィーニョ、エクアドル代表のエネル・バレンシアら、スピードを武器にした選手が得点を重ねている。

 3位にはアディダスの「プレデター」がランクイン。開幕戦でテクニカルなゴールを決めたブラジル代表のオスカル、初出場のボスニア・ヘルツェゴビナ代表エディン・ジェコら着用している。

 4位はブラジル代表のネイマールらが履くナイキの「ハイパーヴェノム、5位はナイキの「マジスタ」と続く。

▼W杯グループリーグ、スパイク得点ランキング
37点 アディダス「F50」
33点 ナイキ「マーキュリアル」
15点 アディダス「プレデター」
10点 ナイキ「ハイパーヴェノム」
7点 ナイキ「マジスタ」
6点 ナイキ「ティエンポ」
5位 プーマ「エヴォパワー」
3点 アディダス「ナイトロチャージ」
2点 ウォーリア「スーパーヒート」
2点 プーマ「エヴォスピード」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る