2014.06.27

悪童の噛み付き行為でアルゼンチンのスアレスさんに被害…人違いで非難浴びる

“ルイス”の噛み付き行為が思わぬ被害を生むことに [写真]=FIFA via Getty Images

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、グループD最終節のイタリア代表戦で噛み付き行為を働いたことが、SNS上で思わぬ事態を引き起こしているようだ。イギリスメディア『BBC』が25日に伝えている。

 同メディアによれば、イタリア戦におけるルイス・スアレスの噛み付き行為が騒がれるようになって以降、「@Suarez」のハンドルネームでツイッターを使用するアルゼンチンのブエノスアイレス在住のディエゴ・スアレスさんが、ネット上でいわれのない非難を浴びているという。ディエゴ・スアレスさんは、誹謗中傷を送る人々に対し、「やめてください。僕はルイス・スアレスでもなければ、ウルグアイ人でもありません」と人違いであることを説明したとのこと。

 なお、『BBC』は、ルイス・スアレスが実際にツイッターで使用している公式ハンドルネームを明かしている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る